丸ノ内線新中野駅からすぐ、東京都中野区にある
「かねなか脳神経外科」のプレサイトです

保険診療開始に関しては、順次このページにてお知らせ致します

健康寿命の延伸。これは私のクリニックの理念です。
健康寿命とは「健康上の理由で日常生活が制限されることなく生活できる期間」であり、
医学の発展した現在では平均寿命と健康寿命の間に約10年の差があります。
この差をいかに縮めることができるかがクリニックの役割、かかりつけ医の役割であると思います。
この理念をもとに

  • 迅速な検査と診断
  • 再発予防と対策
  • リハビリテーション

の3つの軸を特徴とした当院では、幅広い患者様のニーズに対応致します。

迅速な検査と診断

MRIやCT、レントゲン、超音波といった検査を迅速に行い診断につなげます。
近隣のクリニックや拠点病院とも相互に円滑な連携を築くことが重要であると考えます。

再発予防と対策

脳疾患に罹患した患者様はすでに高血圧、脂質異常、糖尿病などの基礎疾患(持病)を持っておられます。
そしてこれらの管理を怠ることで半数以上の方が再発すると言われています。
そのため、こうした全身の様々な疾患や障害をあわせて診療し、治療していきます。

リハビリテーション

外来リハビリテーションでは、1フロア全体をリハビリ室とし、国家資格を持った専門のセラピストと共に、
脳卒中後の脳血管リハビリテーションおよび各種運動器リハビリテーションを取り入れます。
自分でできることが増える喜びや歩くことができる幸せを実感して頂くと共に、
介護量の軽減によるご家族様の負担回避にもつながります。

診療案内

  • 脳神経外科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • リウマチ科
  • 膠原病内科
  • 予防医学

診療時間(予定)

診療時間
9:00 ~ 12:30 ●※
14:00 ~ 19:00
休診日: 日曜、祝日
リウマチ科、膠原病内科は木曜午前のみ診療

医療設備

  • 1.5テスラMRI

  • 16列マルチスライスCT

  • レントゲン

  • 超音波診断装置(エコー)

リハビリ室

院長紹介

  • 院長 金中 直輔

    ご挨拶

    このたび、中野区にかねなか脳神経外科を開院させていただくことになりました。
    平成22年より東京警察病院において脳神経外科医として、また、カテーテルを用いて
    脳の病気を手術する脳血管内治療医として脳卒中を中心に従事してまいりました。

    中野区はこの10年で大きく再開発が進み活気にあふれており、それと共に私も様々な
    患者様や疾病と出会い、学び、そして成長させて頂き、非常に思い入れが強い地域です。
    その中野区にこのたびクリニックを開院できることを大変嬉しく思います。 皆様どうぞ末永くよろしくお願い致します。

  • 略歴

    2003年 
    宮崎医科大学(現 宮崎大学)
    医学部医学科 卒業
    2003年 
    同心会 
    古賀総合病院 内科外科研修医
    2004年 
    東京都立墨東病院 
    救命救急センター
    2005年 
    東京都立墨東病院 
    脳神経外科
    (2007年 東京都立神経病院 脳神経外科 出向)
    2009年 
    東京警察病院 
    脳神経外科
    2014年 
    東京警察病院 
    脳血管内治療科 医長
    2017年 
    東京警察病院 
    Stroke care unit室長

  • 所属学会・専門医資格
    ・指導医資格

    ・日本脳神経外科学会 専門医・指導医
    ・日本脳神経血管内治療学会 専門医・指導医
    ・日本脳卒中学会 専門医
    ・日本リハビリテーション医学会
    ・日本頭痛学会
    ・日本救急医学会
    ・日本てんかん学会
    ・日本医師会認定産業医
    ・東京都認知症サポート医
    ・東京都難病指定医

アクセス

  • 〒164-0011 東京都中野区中央4-4-2

    ■東京メトロ丸ノ内線『新中野駅』2番出口より70m。徒歩約1分
    ■都営バス新宿西口行『新中野駅前』バス停下車すぐ
    ■京王バス中野駅発着『杉山公園』バス停下車徒歩2分

    ※周辺コインパーキング多数あり